Our company is contributing to an exciting change in Japan… More and more people are mastering the USE of English.  We believe Japan will become a country in which almost all citizens can use English.  To achieve that goal, our company creates innovative self-study materials and educational systems.  We are also forming partnerships with organizations from various fields nationwide to help people use English immediately and pass on a positive image of English communication to the next generation.

ソレイシィ研究所では、「日本の“英語が使える国”の仲間入り」を目指して次のような活動をしています。

ソレイシィ研究所の代表スティーブ・ソレイシィの英会話コーチとしてのキャリアは、21才のときAET(小中高の英語指導補助)として岐阜県で英語を教えたことから始まりました。

日本という国、文化、そしてさまざまな人々と関わりながら、その後20年以上にわたり、ビジネスの場でも、個人のお付き合いのなかでも、日本の一般の人たちが上手に英語を使えるようになるための英語教材、番組、メソッドなどを作ってきました。

そして2011年、ソレイシィの英語教育に関する活動を総括する機関として、ソレイシィ研究所(株)(Soresi Language Lab,Inc)を立ち上げました。

目指しているのは、「日本の“英語が使える国”の仲間入り」です。急がなければならないのは試験改革、つまりTOEICや大学入試、高校入試で行われているリーディングとライティングの二技能試験にスピーキング、リスニングを加えた“四技能試験”の導入です。

ソレイシィ研究所では、それらの試験に沿った教材や、教員育成を含めた教育システム等を開発し、さまざまな企業に提供しています。そして日本国内でも、英語を話す力を試す場所や機会が豊富にあれば、楽しく英語を話すことに慣れることができるのではと考え、以下の研究会と準備委員会を開設しました。

なお各プロジェクトの研究会&準備委員会の詳細はこちらのページをご覧ください。メンバーおよびボランティアスタッフを募集しています。

ソレイシィ研究所は、皆様が英語を快適に使えるようになるために、お役に立つ会社になるよう頑張っていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

*ソレイシィの英語教育以外の活動についてはソレイシィの個人サイトstevesoresi.jpで紹介しています。


社名: ソレイシィ研究所株式会社 Soresi Language Lab, Inc.

設立:  2011年4月4日

代表者: スティーブ・ソレイシィ Steve Soresi

オフィス:  〒107-0061 東京都港区南青山2-2-15 ウィン青山1403

取引銀行: 三菱東京UFJ銀行

主な取引先:アルク出版 コスモピア出版 NHKエデュケーショナル NHK出版  BBT大学

スティーブ・ソレイシィ

Steve Soresi is a writer and researcher based in Tokyo, Japan, originally from Sarasota, Florida. He has a B.S. in International Relations from The American University in Washington, D.C., then received his Masters Degree from Waseda University and was awarded his doctorate from Aoyama Gakuin University, both located in Tokyo, Japan.

(ソレイシィは米国フロリダ州サラソタ出身。現在は日本で英語教材の開発と研究を行っている。アメリカン大学で国際関係学を学んだ後、来日。早稲田大学大学院で修士、青山学院大学大学院で博士課程を修了。)

Steve is currently a professor at Business Breakthrough University, previously holding full-time positions at Takushoku University and Toyo Eiwa University. He specializes in cross-lingual education, especially for Japanese native speakers learning productive skills (i.e., speaking and writing). He has developed unique English language teaching and testing methodologies through the use of ”Target Speech Rates”, which are measured by “Sentences per Minute”.

(前職は拓殖大学、東洋英和女学院大学専任講師。現在は、ビジネス・ブレークスルー大学教授。専門はクロスリンガルエデュケーション(交差言語的教育)。特に日本語ネイティブがスピーキングやライティングなどのプロダクティブスキルを身につけるための教授法を研究している。「1分あたりの文の数(“Sentences per Minute”)」の計測ならびに「目標発話率(”Target Speech Rates”)」の設定を用いた独自の教授法と評価法を開発した。)

His major published works focus on English communication skills with several best-sellers currently in Japan, one of which have been translated and published in Chinese. In addition to his academic and publishing endeavours, Steve serves as the instructor for the NHK radio show called “Eikaiwa Time Trial”. Previously, his media career includes two seasons as a main instructor on NHK TV’s educational series, “Let’s Start Talking” and spot appearances on other private broadcast stations in Japan, as well as a 3-year stint as a news reporter for a CNN affiliate station.

(主な著作物は、英会話力育成にフォーカスしたもので、そのうちの1冊は、日本国内でベストセラーとなるだけでなく、中国語でも翻訳出版された。また、メディアへの出演は、CNNのニュースリポーター、NHKの語学番組『はじめよう英会話』(NHK教育テレビ)、『英会話タイムトライアル』(NHKラジオ第2放送にて現在放送中)の講師としてのキャリアがある。)

In 2011, Steve founded “Soresi Language Labs,” a company that contributes to an exciting change that will occur in the 21st Century in Japan… More and more people will master the USE of English, and eventually, Japan will become a country in which almost all citizens can use English. Thus, Soresi Language Labs, or “Sore’ Ken” as it is known in Japan, creates innovative self-study materials and educational systems. Sore’ Ken forms partnerships with organizations from various fields nationwide to help people use English immediately and pass on a positive image of English language use & communication to the next generation.

(2011年にソレイシィ研究所(愛称:ソレ研)を設立し、21世紀の日本が今よりもっと「英語を使える国」になるために、英語教育にエキサイティングな変革を起こしたいと考え、英語教材や英語教育システムの開発を行っている。英語を使える人材育成、また、英語を実際に使うこと、英語を使ってコミュニケーションをとることへのポジティブなイメージをもつ次世代の人材育成のため、多様な分野の企業とパートナーシップを組んでいる。)

»スティーブソレイシィ公式サイト

スティープ・ソレイシィ

ロビン・ソレイシィ

Robin Soresi was born in 1938 in Winchester, Virginia, which is located in the Shenandoah Valley. She is the oldest of six children. She has three children and four grandchildren. She first worked for IMB as an “office lady” or OL. She later worked in various industries such as politics, real estate and health care.

(1938年バージニア州Shenandoah Valleyにあるウィンチェスターに6人兄弟の長女として生まれる。スティーブをはじめとして3人の子どもを育て、現在4人の孫の祖母。IMBのOLとして勤務後、政治団体や不動産関係、保健関係の職場に勤務。)

Robin lived in Japan from 1998 to 2002 when she and her son, Stephen, ran “Riverside English Conversation School” in Suginami, Tokyo on the historic Kanda River. The books are based on her real experiences with Japanese learners of all ages. Robin began to write books in 1999 at the suggestion of one of her students. Her first book was “The 100 Phrases that all native English speaking children know” – co-authored with her son, Stephen.

(ロビンは1998年から2002年まで日本で暮らし、息子のスティーブと共に東京杉並区の神田川沿いにリバーサイド英会話教室を開講。ロビンの著作は、その教室であらゆる世代の日本人に英会話を教えた経験に基づいている。ロビンは教え子たちに勧められて1999年に著作活動を始めた。最初の作品は、息子スティーブとの共著『ネイティブなら子どものときに身につける英会話なるほどフレーズ100』。)